【プロスピA】2022 TS 第6弾 リアタイ最強ランキング

2022 TS 第6弾 リアタイ最強ランキング

2022 TS 第6弾

イベント結成!プロスピ応援団
【累計報酬】SランクTS契約書(第6弾)
スカウト10連TSセレクション
・30連目にSランクTS第6弾1人確定
・イベントボーナスつき
TSセレクション
・イベントボーナスつき

2022 TS 第1弾 ラインナップ

セ・リーグ

青木 宣親   (ヤクルト/中堅手)
久保田 智之  (阪神/中継ぎ)
阿部 慎之助  (巨人/捕手)
薮田 和樹   (広島/先発)
福留 孝介   (中日/右翼手)
鈴木 尚典   (DeNA/左翼手)

パ・リーグ

北川 博敏   (オリックス/一塁手)
涌井 秀章   (ロッテ/先発)
渡辺 直人   (楽天/遊撃手)
本多 雄一   (ソフトバンク/二塁手)
大田 泰示   (北海道日本ハム/右翼手)
秋山 翔吾   (西武/中堅手)

第12位 本多 雄一

2022 TS 第6弾 本多 雄一

評価2.0 / 5

称号でミートA可能。走力、守備能力は高いものの、低弾道、パワーDと純正でない限りオーダー入りは厳しい。代走や守備固めでの起用がおすすめ。

第11位 渡辺 直人

2022 TS 第6弾 渡辺 直人

評価2.0 / 5

特守でショートA可能。守備能力は高いものの、低弾道、パワーCと純正でない限りオーダー入りは厳しい。守備固めでの起用がおすすめ。

第10位 涌井 秀章

2022 TS 第6弾 涌井 秀章

評価2.5 / 5

球種は豊富なものの決め球として使える球種がない。純正でない限りオーダー入りは厳しい。

第9位 久保田 智之

2022 TS 第6弾 久保田 智之

評価3.0 / 5

称号で球威・制球A同値可能。限界突破なしで中継ぎ・抑え、限界突破4回以上で先発可能。超対ピンチを所持しているが球種・変化量がやや厳しい。ワンポイントとしてはありかも。

第8位 北川 博敏

2022 TS 第6弾 北川 博敏

評価3.5 / 5

称号でミパ同値またはミートA可能。超チャンス・サヨナラ男を所持しているため、代打での起用がおすすめ。守備適正はFだがキャッチャー適性あり。

第7位 鈴木 尚典

2022 TS 第6弾 鈴木 尚典

評価4.0 / 5

ラインドライブ、ミートA、超アベレージヒッターと打撃能力に関しては文句なし。ただ、守備能力が低いためDHや代打での起用がおすすめ。

第6位 薮田 和樹

2022 TS 第6弾 薮田 和樹

評価4.0 / 5

称号で球威・制球同値または球威A可能。限界突破なしで先発・中継ぎ可能。スプリット&フォークが強いかも。ただ、球威が低いのが難点。

第5位 大田 泰示

2022 TS 第6弾 大田 泰示

評価4.0 / 5

称号で全同値またはパワーA可能。全体的に能力が高く、走攻守3拍子揃っているため、使い勝手はよさげ。

第4位 秋山 翔吾

2022 TS 第6弾 秋山 翔吾

評価4.5 / 5

シーズン途中で日本球界に復帰した秋山選手が早くも登場。走攻守3拍子揃っているため、使い勝手はよさげ。称号でパワーA可能。

第3位 青木 宣親

2022 TS 第6弾 青木 宣親

評価4.5 / 5

称号でミートS可能。超アベレージヒッターに広角打法と特殊能力がよさげ。パワーがやや低いので称号で補いたいところ。

第2位 阿部 慎之助

2022 TS 第6弾 阿部 慎之助

評価5.0 / 5

査定年度変更でミート型からパワー型、第2特殊能力がアベレージヒッターから広角打法に変更。ミパAは狙えなくなったものの間違いなくキャッチャー最強枠の1人。

第1位 福留 孝介

2022 TS 第6弾 福留 孝介

評価5.0 / 5

7年連続でTS登場。第2特殊能力が固め打ちからアベレージヒッターに変更。打撃・守備共に申し分ない能力。称号でミパA同値可能。

まとめ

1. 福留 孝介 5.0
2. 阿部 慎之助 5.0
3. 青木 宣親 4.5
4. 秋山 翔吾 4.5
5. 大田 泰示 4.0
6. 薮田 和樹 4.0
7. 鈴木 尚典 4.0
8. 北川 博敏 3.5
9. 久保田 智之 3.0
10. 涌井 秀章 2.5
11. 渡辺 直人 2.0
12. 本多 雄一 2.0
2022 TS 第6弾 リアタイ最強ランキング
Follow Me!

当サイトが使用しているWordPressテーマ【THE THOR(ザ・トール)】

圧倒的に SEO に強く、抜群に上位表示されやすい国内最高峰のWordPressテーマ

CTR IMG